Items

製品一覧

ホーム製品一覧腱鞘切開器

ここから本文です。

腱鞘切開器

腱鞘切開器(超音波診断装置下による低侵襲腱鞘切開器)

従来よりも切開部位が小さく済むため、患者さんと医療従事者の負担が軽減できる医療機器です。奈良県立医科大学整形外科との共同開発で製品化しました。

特徴

超音波診断装置から得られる映像の下で狭窄性腱鞘(弾撥指・ばね指)の手術を、従来の約10分のⅠの切開長さで可能にする医療機器です。ごく小さな皮膚切開で手術可能であるため、縫合を必要とせず、術後数日で元の生活に復帰できるという利点があります。手術痕もほとんど残りません。また手術は当製品で手術部位(腱鞘)の上下でガイド(ダブルガイド)しながら実施するため手術部位以外の損傷を防止する事ができます。2014年から500例以上の手術実績があり、安定した成果を上げています。また、専用切開器具を使用せず安価な注射針の使用が可能なため、コストも低く抑える事ができます。

  皮切の大きさ ガーゼを外せるまでの日数
従来の術式(直視下手術) 15~20mm 約10日
本術式 2mm 約2日(縫合なし)

仕様

超音波診断装置で確認しながらの手術を前提とした設計です。本体とホルダーは(チタン合金製)及びダイセクターとシースガード(ステンレス製)で構成されています。

動画

ダブルガイド式腱鞘切開器を用いた、弾撥指の小侵襲手術を動画で紹介しています。

英語版

Double guide-type tendon sheath incision instrument(English)

日本語版

腱鞘切開器を用いた弾撥指の小侵襲手術

英語版

Ultrasound-guided Percutaneous Tendon Release 【Nara Seiko INC.】

A therapeutic apparatus for trigger finger, which realizes safe, minimally invasive treatment. The product was jointly developed with Nara Medical University. There are more than 150 cases of ultrasound-guided percutaneous tendon release with the use of our devices, without any remarkable complication.

 

 

 

特許

 

公立大学法人奈良県立医科大学との共同出願にて特許を取得しています。

国内:特願2016-565728(https://www.j-platpat.inpit.go.jp/p0200
海外:アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、ギリシャ

ご注文・お問い合わせ

奈良精工株式会社へまずはお問い合わせください。お問い合わせフォームはこちら

精密加工のご依頼・ご相談

部品加工についてのご依頼・お問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。
またお電話、Faxでも受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

TEL0744-48-8511

営業時間 8:15~17:00
土、日曜日、年末年始、夏季休暇等弊社休日を除く

FAX0744-48-8244

〒633-0101 奈良県桜井市小夫3681番地
TEL:0744-48-8511 FAX:0744-48-8244

弊社は、奈良県桜井市で医療機器部品・光学機器部品・OA機器部品などの製造・精密加工を行っております。精密部品加工のことなら弊社にお任せください。

Copyright © Nara Seiko All Rights Reserved.

このページの先頭へ